◆研究者に手渡しさせて頂きました。
バブル経済の仕組みとその崩壊の元凶を綴った室岡克典氏の著書「我が人生、ハザンへの道」。
友人の紹介で、ちょうど来日中の、名著『Japan as number one(ジャパン アズ ナンバーワン)』の著者エズラ・ボーゲル氏を父に持つスティーブン・ボーゲル氏、カリフォルニア大学バークレー校政治学教授に手渡しすることができました。
30分ほど日本語で説明させて頂きました。
「そんなことがあったんですか?」
「アメリカも同じようなことがありましたが、金融関係者を処罰しました。」
「経済って怖いですね。」
「日本の研究者は誰か研究していなんですか?」
「マスコミは、どう報道したんですか?」
「よくここまで、解明できましたね。凄いです」
「勉強させてもらいます。」
との感想を頂きました。